日経225mini、投資信託、海外ETF、商品先物、FXで長期分散投資をしています。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本で人気のヘッジファンドはマン社のAHL Diversified plcとクアドリガ社のSuperfundです。
クアドリガ社のSuperfundは10万円から投資できます。
分散投資にヘッジファンドを組み込むのは有効な手段です。


現在の資産
日経225先物mini 5,307,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,590,341円
DIAM中国関連株オープン 466,368円
HSBCインドオープン 443,200円
SGロシア東欧株ファンド 442,702円
BR・ゴールド・ファンド 377,460円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 68,145円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚) 429,440円
評価額 9,124,656円
スポンサーサイト
優遇税制の期間が終わると株や投資信託の税金が10%から20%になります。
税金が10%のうちに売り、再購入した方が得なのでしょうか?
今日はこの問題をじっくり検討してみます。
まず、優遇期間内に一度売り、再購入した場合のメリットとデメリットを挙げます。

メリット
売却益の税金が10%で済む。

デメリット
納めた税金分資産が減り長期投資に影響を与える。
売買手数料がかかる。

具体例を挙げて比較してみます。(手数料なしの場合)


ケース1
数年前100万円分購入した投資信託が優遇期間終了時に2倍になっている。さらに数年後、2倍になり売った。

優遇期間内に一度売り、再購入した場合の資産推移
100万円(数年前)
200万円(優遇期間終了時)
190万円(売却益10%支払い後)
380万円(数年後)
342万円(売却益20%支払い後)

優遇期間内に売らなかった場合の資産推移
100万円(数年前)
200万円(優遇期間終了時)
400万円(数年後)
340万円(売却益20%支払い後)

ケース1の比較結果 優遇期間内に一度売り、再購入した場合の方が2万円得。


ケース2
数年前100万円分購入した投資信託が優遇期間終了時に2倍になっている。さらに数年後、3倍になり売った。

優遇期間内に一度売り、再購入した場合の資産推移
100万円(数年前)
200万円(優遇期間終了時)
190万円(売却益10%支払い後)
570万円(数年後)
494万円(売却益20%支払い後)

優遇期間内に売らなかった場合の資産推移
100万円(数年前)
200万円(優遇期間終了時)
600万円(数年後)
500万円(売却益20%支払い後)

ケース2の比較結果 優遇期間内に売らなかった場合の方が6万円得。


どちらが得になるかは条件次第のようですね。
条件を計算により求めてみます。

数年前100万円分購入した投資信託が優遇期間終了時にx%増えている。さらに数年後、k倍になり売った。

優遇期間内に一度売り、再購入した場合の資産推移(単位略)
100(数年前)
100+x(優遇期間終了時)
100+9/10x(売却益10%支払い後)
(100+9/10x)k(数年後)
(100+9/10x)k-{(100+9/10x)k-100+9/10x}*0.2(売却益20%支払い後)

優遇期間内に売らなかった場合の資産推移(単位略)
100(数年前)
100+x(優遇期間終了時)
(100+x)k(数年後)
(100+x)k-{(100+x)k-100}*0.2(売却益20%支払い後)

優遇期間内に一度売り、再購入した場合と優遇期間内に売らなかった場合が売却益20%支払い後等しくなるとき
(100+9/10x)k-{(100+9/10x)k-100+9/10x}*0.2=(100+x)k-{(100+x)k-100}*0.2
k=2.25 (xは両辺にあり消えます)

優遇期間終了時から2.25倍になったとき、優遇期間内に一度売り、再購入した場合と優遇期間内に売らなかった場合が等しくなります。
優遇期間終了時に何%増えているかは影響しません。

考察結果
10年以上の長期投資なら優遇期間内に売らない方が得である。(投資商品が1年に10%増えるとすると10年後2.59倍になるので)
10年未満の投資なら優遇期間内に一度売り、再購入した方が得である。(手数料なしの場合)
中国投資信託リターンランキング(07年4月時点)

ファンド名称 リターン
(1年)
1 日興AM 中国A株ファンド2  118.77%
2 日興AM 中国A株ファンド  117.78%
3 三井住友・メインランド・チャイナ・オープン  63.39%
4 JF チャイナ・アクティブ・オープン  58.92%
5 チャイナ・フロンティアオープン  57.62%
6 フィデリティ・チャイナ・フォーカス  55.62%
7 CA グラン・チャイナ・ファンド  51.99%
8 JF チャイナ・ファンド  51.30%
9 DIAM 中国関連株オープン   51.16%
10 チャイナ・ロード  50.56%
11 チャイナ・リアル・ウォッチ  49.50%
12 チャイナ騰飛(チャイナ・エクイティ)  49.18%
13 SG 中国株ファンド  48.12%
14 三菱UFJ チャイナオープン  45.41%
15 野村 中国株ファンドBコース  42.93%
(出所) http://www.morningstar.co.jp/ より作成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


中国の投資信託を比較すると「日興AM 中国A株ファンド2」と「日興AM 中国A株ファンド」が群を抜いてリターンが高い。
これはこの2つの投資信託が直接中国A株に投資しているからです。

中国株には「A株」「B株」「C株」「レッドチップ」などがあります。
「A株」は一般の外国投資家は取引することができません。
日興アセットマネジメントは、2003年12月にQFIIの資格を 取得したことにより、直接中国A株に投資できるようになりました。

また、このランキングの中でノーロードファンドは2本あります。
「DIAM 中国関連株オープン」(イーバンク銀行、SBIイー・トレード証券)と
「三菱UFJ チャイナオープン」(楽天証券、カブドットコム証券)です。
投資信託を持っている間にかかるコストは信託報酬だけではありません。
委託手数料、有取税、保管管理料など見えにくいコストがかかっています。
見えにくいコストは投信評価情報サービスで調べられます。

HSBCインドオープンの去年1年間にかかったコスト
信託報酬 395円
委託手数料 100円
有取税 3円
保管管理 323円
費用合計 821円
(データ元は投信評価情報サービス

見えにくいコストの合計は年間でおよそ2.26%です。
信託報酬2.1%と合わせてた実質的なコストは年間でおよそ4.36%です。
計算式は以下の通りです。

信託報酬=期中の平均基準価額×信託報酬率
395円=期中の平均基準価額×2.10%
期中の平均基準価額=18809円
実質的なコスト=信託報酬期中の平均基準価額×実質的なコスト率とすると
821円=18809円×実質的なコスト率
実質的なコスト率=4.36%


現在の資産
日経225先物mini 3,488,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,394,744円
DIAM中国関連株オープン 391,881円
HSBCインドオープン 356,480円
SGロシア東欧株ファンド 407,758円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 334,109円
BR・ゴールド・ファンド 355,920円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 58,060円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚) 418,740円
評価額 7,205,692円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。