日経225mini、投資信託、海外ETF、商品先物、FXで長期分散投資をしています。

2007/031234567891011121314151617181920212223242526272829302007/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優遇税制の期間が終わると株や投資信託の税金が10%から20%になります。
税金が10%のうちに売り、再購入した方が得なのでしょうか?
今日はこの問題をじっくり検討してみます。
まず、優遇期間内に一度売り、再購入した場合のメリットとデメリットを挙げます。

メリット
売却益の税金が10%で済む。

デメリット
納めた税金分資産が減り長期投資に影響を与える。
売買手数料がかかる。

具体例を挙げて比較してみます。(手数料なしの場合)


ケース1
数年前100万円分購入した投資信託が優遇期間終了時に2倍になっている。さらに数年後、2倍になり売った。

優遇期間内に一度売り、再購入した場合の資産推移
100万円(数年前)
200万円(優遇期間終了時)
190万円(売却益10%支払い後)
380万円(数年後)
342万円(売却益20%支払い後)

優遇期間内に売らなかった場合の資産推移
100万円(数年前)
200万円(優遇期間終了時)
400万円(数年後)
340万円(売却益20%支払い後)

ケース1の比較結果 優遇期間内に一度売り、再購入した場合の方が2万円得。


ケース2
数年前100万円分購入した投資信託が優遇期間終了時に2倍になっている。さらに数年後、3倍になり売った。

優遇期間内に一度売り、再購入した場合の資産推移
100万円(数年前)
200万円(優遇期間終了時)
190万円(売却益10%支払い後)
570万円(数年後)
494万円(売却益20%支払い後)

優遇期間内に売らなかった場合の資産推移
100万円(数年前)
200万円(優遇期間終了時)
600万円(数年後)
500万円(売却益20%支払い後)

ケース2の比較結果 優遇期間内に売らなかった場合の方が6万円得。


どちらが得になるかは条件次第のようですね。
条件を計算により求めてみます。

数年前100万円分購入した投資信託が優遇期間終了時にx%増えている。さらに数年後、k倍になり売った。

優遇期間内に一度売り、再購入した場合の資産推移(単位略)
100(数年前)
100+x(優遇期間終了時)
100+9/10x(売却益10%支払い後)
(100+9/10x)k(数年後)
(100+9/10x)k-{(100+9/10x)k-100+9/10x}*0.2(売却益20%支払い後)

優遇期間内に売らなかった場合の資産推移(単位略)
100(数年前)
100+x(優遇期間終了時)
(100+x)k(数年後)
(100+x)k-{(100+x)k-100}*0.2(売却益20%支払い後)

優遇期間内に一度売り、再購入した場合と優遇期間内に売らなかった場合が売却益20%支払い後等しくなるとき
(100+9/10x)k-{(100+9/10x)k-100+9/10x}*0.2=(100+x)k-{(100+x)k-100}*0.2
k=2.25 (xは両辺にあり消えます)

優遇期間終了時から2.25倍になったとき、優遇期間内に一度売り、再購入した場合と優遇期間内に売らなかった場合が等しくなります。
優遇期間終了時に何%増えているかは影響しません。

考察結果
10年以上の長期投資なら優遇期間内に売らない方が得である。(投資商品が1年に10%増えるとすると10年後2.59倍になるので)
10年未満の投資なら優遇期間内に一度売り、再購入した方が得である。(手数料なしの場合)
スポンサーサイト
林輝太郎先生によると、
相場をやるには道具が必要だそうです。

場帖、玉帖、資料(グラフを含む)
これらが昔から相場師の三種の神器と言われるものだそうです。

今日から毎日手書きでNon-GMO大豆のブロックを記入します。


現在の資産
日経225先物mini 3,482,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,530,528円
DIAM中国関連株オープン 424,515円
HSBCインドオープン 418,912円
SGロシア東欧株ファンド 441,532円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 381,020円
BR・ゴールド・ファンド 383,440円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 68,850円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚)
商品先物(4/12 Non-GMO大豆 2-8 3060 > 5-5) 426,840円
評価額 7,557,637円
新興国の投資信託をすべて売って、海外ETF「 iShares MSCI Emerging Markets Index Fund 」に乗り換えようかと思っています。
投資信託のコストは長期投資のパフォーマンスに多大な影響を与えます。


現在の資産
日経225先物mini 3,456,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,516,832円
DIAM中国関連株オープン 426,048円
HSBCインドオープン 400,144円
SGロシア東欧株ファンド 443,092円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 379,601円
BR・ゴールド・ファンド 385,380円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 67,310円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚)
商品先物(4/12 Non-GMO大豆 2-8 3060 > 5-5) 425,540円
評価額 7,499,947円


ゼロクーポン債を途中売却しても売却益は50万円まで非課税です。

利用例1
償還日2030年の米国国債ゼロクーポン債を50万円分買う。
15年経ったら売却する。売却益はちょうど50万円くらいになり非課税です。

利用例2
償還日2030年の米国国債ゼロクーポン債を500万円分買う。
15年経ったら売却益が50万円に収まるように10年くらいかけて毎年少しずつ売却する。
毎年50万円まで非課税です

米ドル建て、ユーロ建てのゼロクーポン債に分散投資することも可能です。

日本で一番売れている投資信託グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)と比較すると
年1.3125%の信託報酬がかかりません。
分配金の10%源泉徴収(平成20年4月以降は20%)がかかりません。

ゼロクーポン債は大和証券が豊富に扱ってます。



現在の資産
日経225先物mini 3,482,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,509,235円
DIAM中国関連株オープン 430,227円
HSBCインドオープン 392,144円
SGロシア東欧株ファンド 443,326円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 378,343円
BR・ゴールド・ファンド 389,620円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 64,550円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚)
商品先物(4/12 Non-GMO大豆 2-8 3060 > 5-5) 439,040円
評価額 7,528,485円
ドミニオンファンドを利用することにより株式、債券、不動産にレバレッジをかけて分散投資できます。
レバレッジは無し、2倍、3倍から選べます。

私は日経225先物miniを利用して分散投資に約1.6倍のレバレッジをかけています。
今後ドミニオンファンドのような自分の運用方針に合ったファンドが出てくるのを期待しています。
今はまだ会社の信用度、最低投資額などの理由で投資しません。


現在の資産
日経225先物mini 3,532,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,522,182円
DIAM中国関連株オープン 435,120円
HSBCインドオープン 395,936円
SGロシア東欧株ファンド 446,472円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 380,601円
BR・ゴールド・ファンド 394,800円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 66,575円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚)
商品先物(4/12 Non-GMO大豆 2-8 3060 > 5-5) 443,540円
評価額 7,617,226円
日経平均の上昇と円安の影響で資産が殖えてきました。
Non-GMO大豆のサヤ縮小取りも順調です。


現在の資産
日経225先物mini 3,522,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,501,103円
DIAM中国関連株オープン 426,930円
HSBCインドオープン 381,952円
SGロシア東欧株ファンド 441,662円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 378,472円
BR・ゴールド・ファンド 387,920円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 64,480円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚)
商品先物(4/12 Non-GMO大豆 2-8 3060 > 5-5) 441,140円
評価額 7,545,659円
「サヤ取り入門 増補版」には
サヤ取りの種別難易度
市場環境の難易度
銘柄別難易度が載っています。

これを参考にしてNon-GMO大豆で同銘柄異限月のサヤ取りデビューをしました。
Non-GMO大豆は穀物の中で最も出来高が多く、サヤの周期がきれいに出ています。

サヤ取りを始めるにあたり参考になった本をあげておきます。

マンガ サヤ取り入門の入門
サヤ取り入門 [増補版] リスク管理と堅実リターンの究極手法
ガソリンと灯油のサヤ取り 06/07年版 東京工業品取引所版
実践ガソリン灯油取引-個人投資家が石油投資で儲けるための最強マニュアル
商品相場必勝ノート
絶対のパソコン投資術


現在の資産
日経225先物mini 3,480,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,487,621円
DIAM中国関連株オープン 429,492円
HSBCインドオープン 375,856円
SGロシア東欧株ファンド 442,780円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 379,633円
BR・ゴールド・ファンド 382,740円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 64,790円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚)
商品先物(4/12 Non-GMO大豆 2-8 3060 > 5-5) 418,340円
評価額 7,461,252円
中国投資信託リターンランキング(07年4月時点)

ファンド名称 リターン
(1年)
1 日興AM 中国A株ファンド2  118.77%
2 日興AM 中国A株ファンド  117.78%
3 三井住友・メインランド・チャイナ・オープン  63.39%
4 JF チャイナ・アクティブ・オープン  58.92%
5 チャイナ・フロンティアオープン  57.62%
6 フィデリティ・チャイナ・フォーカス  55.62%
7 CA グラン・チャイナ・ファンド  51.99%
8 JF チャイナ・ファンド  51.30%
9 DIAM 中国関連株オープン   51.16%
10 チャイナ・ロード  50.56%
11 チャイナ・リアル・ウォッチ  49.50%
12 チャイナ騰飛(チャイナ・エクイティ)  49.18%
13 SG 中国株ファンド  48.12%
14 三菱UFJ チャイナオープン  45.41%
15 野村 中国株ファンドBコース  42.93%
(出所) http://www.morningstar.co.jp/ より作成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


中国の投資信託を比較すると「日興AM 中国A株ファンド2」と「日興AM 中国A株ファンド」が群を抜いてリターンが高い。
これはこの2つの投資信託が直接中国A株に投資しているからです。

中国株には「A株」「B株」「C株」「レッドチップ」などがあります。
「A株」は一般の外国投資家は取引することができません。
日興アセットマネジメントは、2003年12月にQFIIの資格を 取得したことにより、直接中国A株に投資できるようになりました。

また、このランキングの中でノーロードファンドは2本あります。
「DIAM 中国関連株オープン」(イーバンク銀行、SBIイー・トレード証券)と
「三菱UFJ チャイナオープン」(楽天証券、カブドットコム証券)です。
カブドットコムでステート・ストリート外国株式インデックスとエマージング・ソブリン(毎月決算型) を追加購入しました。
どちらもノーロードファンドです。


現在の資産
日経225先物mini 3,506,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,468,896円
DIAM中国関連株オープン 411,495円
HSBCインドオープン 357,696円
SGロシア東欧株ファンド 425,568円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 380,633円
BR・ゴールド・ファンド 369,220円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 62,210円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚) 425,140円
評価額 7,406,858円
ギャンブルの最適な掛け金を決める方法です。

カリフォルニア大学エドワード・O・ソープ教授は
その正しさを実際にカジノで証明しました。
その後、株式市場でも大成功しました。

具体例を引用します。

「サイコロを振って、丁が出れば掛金が2.5倍返し、半が出れば掛金没収。」

こんなゲームがあるとします。期待値を考えると 2.5×0.5=1.25 で賭ける側に有利ですが、手持ち資金の半分ずつ賭けていくと、あっという間にお金が無くなってしまいます。
意外だと思った人は、サイコロを実際に振ってシミュレーションしてみましょう。
…中略…
最適な投資率は s = a - ( 1 - a ) / b =1/6 より、全資金の1/6を賭けるのが最適であるという結果になります。

先物探花 先物における最適投資率より引用)


ケリー基準について書かれた本を探してみました。
投資家のためのマネーマネジメント-資産を最大限に増やすオプティマルf


現在の資産
日経225先物mini 3,454,000円
ステート・ストリート外国株式インデックス 1,399,528円
DIAM中国関連株オープン 403,746円
HSBCインドオープン 364,416円
SGロシア東欧株ファンド 426,582円
エマージング・ソブリン(毎月決算型) 335,974円
BR・ゴールド・ファンド 360,560円
損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式 60,190円
商品先物(東京小豆07/08限月 売1枚) 420,340円
評価額 7,225,336円



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。